かけはし誌上コラム(かけはし掲載分) 羽田鉄工団地協同組合





労働衛生コンサルタント北條先生

岡部保健師
最新号(平成29年4月)
4月 世界の幸福度と健康

平成29年4月

世界の幸福度と健康


 羽田鉄工団地の皆様こんにちは。桜の咲く頃、いかがお過ごしでしょうか。私は先月ここ最近の夢だった台湾へ出掛けてきました。台北市内に宿泊し、市内の町並みや屋台の食事を楽しみながら、寺院や公園、夜市、九扮、金瓜石などを巡り、短い旅でしたがとても充実したものでした。以前より台湾は親日国のため、日本人の旅行者や移住者も多いと聞きます。確かに今回の旅行中もたくさんの日本人に遭遇しました(特に九扮にいた時は、半数以上が日本人なのではと思うほどでした)。なぜそこまで日本人に人気があり、魅力的な国なのかとずっと疑問に思っていました。今回の旅で感じた台湾の魅力は、日本の原風景や何となく懐かしい雰囲気でした。ただ、その一方で水道やガス、電気、道路や鉄道などのインフラは、日本に比べると開発の途中にあるようです。物の豊かさよりも風土や自然により心の豊かさを得られる旅でした。
 前置きが長くなりましたが、心の豊かさ、つまりは「幸福度」に関する統計が先日発表されました。国連が2012年に「世界幸福度報告(World Happiness Report)」を発表して以降、毎年報告がなされています。経済学や心理学、統計解析、国家統計などを用いて、1人当たりの国内総生産(GDP)、社会的支援、健康寿命、人生選択の自由度などの視点から各国の幸福度(Well-being)を説明し、ランキング化しています。
 今年の世界幸福度報告1位はノルウェー、2位がデンマーク、3位アイスランド、次いでスイス、フィンランドと北欧の国が上位を占めていました。北欧諸国は社会保障や制度が充実しているため、幸福度も高いと考えられます。一方で日本はどうなっているかと言うと、世界で51位でした。2016年は53位なので大きな変動はありません。(ちなみに台湾は33位だったそうです。)
 上位の国と日本の間で一番の違いは何なのか。ランキングのグラフでは各説明指標の構成を読み取ることができます。グラフを見てみますと「Dystopia + resi
dual」という「貧富の格差」を表す項目で上位の国と日本の間に差が出ているようです。
 貧富の格差は、医療や健康においても非常に重要な視点です。現在の日本では一般的に医療費は3割を本人が負担し、残り7割は健康保険組合が負担しています。しかし、医療の高度化や自由診療、医療機関の偏りなどにより、経済的な負担、居住地域による医療格差、さらには健康情報を入手し活用する力(ヘルスリテラシー)の違いにより医療や自身の健康に対する在り方、捉え方には格差が生じているのかもしれません。
 この「かけはし」のなかでは、いろいろな健康情報について産業医の北條先生と私でわかりやすく紹介していきたいと考えていますので今年度もよろしくお願いします。
世界幸福度報告:http://worldhappiness.report/


その他の記事

[ 平成29年 ] [ 平成28年 ] [ 平成27年 ] [ 平成26年 ] [ 平成25年 ] [ 平成24年 ] [ 平成23年 ] [ 平成22年 ] [ 平成21年 ] [ 平成20年 ] [ 平成19年 ]